サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを使う時は飲み合わせについて考える必要があります。

栄養摂取を目的に、サプリメントの利用者が増加中です。

サプリメントの薬の飲み合わせによって、トラブルが発生することがあります。

薬とサプリメントを併用すると、互いに影響を及ぼし合う恐れがあることがその理由です。

どんなものをどんなふうに飲んでもサプリメントであれば健康になれるというわけではありません。

サプリメント

青汁を飲んで、血栓予防のワーファリンという薬を飲むと、飲み合わせ的には問題です。

血液を凝固させるビタミンKが、青汁やクロレラには多く含まれています。

そのためワーファリンと併用すると、薬の効果が弱くなってしまいかねません。

サプリメントで鎮静効果がある成分を摂取している人が、経口避妊薬を使っていると、避妊作用が弱まる場合があります。

セロトニン症候群という、抗うつ剤の効果が強く表れすぎてしまう症状の背景に、特定のサプリメントとの飲み合わせがあることがあります。

サプリメントと薬は、飲み合わせが良くないと逆に体に悪影響を及ぼしてしまうことがありますので要注意です。

普段薬を服用している人は、サプリメントを摂取する前にかならず主治医に相談したほうが良いでしょう。

製造会社が、サプリメントのわからない点についてネットや電話で教えてくれるサービスもあります。

薬とサプリメントとの飲み合わせの問題がないことを確認して使うようにしましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP